汗の臭いが気になる人【必見】今日からできる【臭い対策】

汗の臭い対策スキンケア
ナオ
ナオ

どうもこんにちは、ミガキブログを運営しているナオです。

 

”汗の臭い”は誰にでも起こりうる問題です。

 

特に普段から汗をかきやすい人は、自分から汗の臭いが出ていることすら気付いていない人もいます。

 

臭いやすい『脂汗』など季節を問わず出る汗もあるので、常日頃から気をつけていないと、いつの間にか周りから冷ややかな目で見られている可能性もあります。

 

『汗の臭い』は早急に改善した方がいいでしょう。

 

当記事では【汗の臭い対策】について詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

汗の臭いの元とは

汗の臭いのもと

 

汗の臭いの改善は、エチケットであり、清潔感のバロメーターであり、対人関係にまで関わってきます。

 

なので学校でも仕事でも”家から外に出るならば”最優先で改善するべき内容と言えます。

 

とは言え、臭いが出やすい人・出にくい人はいるので「何から改善すればいいのかわからない」という方も少なくないでしょう。

 

まずは汗が臭う元を知り、自分がどの特徴に当てはまるか知ることで対策に繋げましょう。

 

 

汗の種類と臭いの違い

汗の種類と臭いの違い

 

汗には2種類あります。

1つは体温調節する際に出る汗、もう1つは脂汗と呼ばれる汗です。

 

2種類の汗には明確な違いがあり、それにともない臭いの原因も異なってきます。

 

体温調整での発汗

まず1つ目は体温調整の為の発汗です。

上がった体温を調整するために汗を出しています。

 

発汗のキッカケは、気温が高い時や運動をして体温が上昇した時に汗を出すことで調整しています。

 

体温調整の発汗には以下のような特徴があります。

  • 全身から出る汗(手のひら、足の裏以外)
  • 発汗したばかりでは臭いがない
  • 時間の経過とともに菌が繁殖し臭いが出てくる

 

ナオ
ナオ

汗が出たばかりでは臭いがなく、放置してしまうことで汗が臭くなってしまうということですね。

 

年齢関係なく可能性のある”代表的な汗の臭い”のことです。

 

 

精神的要因による脂汗

2つ目は脂汗です。

緊張や焦った時などの『冷や汗』も脂汗に該当しています。

 

ストレスなどで精神的に追い詰められたりした時に出てきます。

 

脂汗には以下のような特徴があります。

  • 脇や手のひら、足の裏から出てくる
  • 汗にタンパク質や脂質を含むので臭くなりやすい
  • 成長するほど含まれる成分が濃くなり臭くなる

 

ナオ
ナオ

緊張による汗は嫌な臭いがすると言われますが、タンパク質や脂質などの『臭いやすい成分』が含まれているので当然のことなのです。

 

成長するにつれ脂汗の臭いが濃くなるのは、緊張する機会が増え、食べるものに変化が出ていることが挙げられます。

 

 

自分では気づかない臭いに注意

自分では気づかない臭いに注意

 

汗の臭いで注意すべきは”自分が気づいていない”ということです。

 

自ら嗅いでみて臭わなかったとしても油断してはいけません。

 

普段から臭っていると鼻が慣れるので自分では気づくことができないのです。

 

 

自分はありえないよ!

と思われている方ほど気をつけてみてください。

 

臭いはデリケートな問題なので、いくら仲の良い友人が相手でも正直に教えてくれない可能性もあります。

 

ナオ
ナオ

とは言え、人の顔を伺い続けるのはしんどいですよね…。

 

なので、

”臭いを意識する習慣”を身につけることで他人からの印象を気にすることもなくなるので臭い対策が大切になってくるのです。

 

 

汗の臭い対策方法

臭い対策方法

 

汗の臭い対策には2種類あります。

 

  • 日常生活での発汗ケア
  • 臭い対策グッズを使う

この2つの方法です。

 

【日常生活でのケア】と出先でもできる【臭い対策グッズを使ってのケア】どちらも取り入れることで汗の臭いの問題から解放されることができます

 

 

ナオ
ナオ

清潔かつ好印象を与える事も可能なのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

日常生活での臭い対策

日常生活での臭い対策

 

日常生活で実践可能な汗の臭い対策を4つほど紹介していきます。

 

朝シャワーで汗を流す

日常生活で簡単にケアできる方法で代表的なのが、シャワーを夜と夜の2回浴びる事です。

 

夜は最低でもシャワーを浴びていると思うのですが、寝ている間にも汗をかいているので、朝もシャワーを浴びる事で臭いの発生を防ぐことができます。

 

さらに汗をかいたままシャツを着ると汗が衣類に付着し、臭いや跡がつきやすくなってしまいます。

 

菌は一度つくとなかなか落ちてくれないので細かいケアで対策をしていきましょう。

 

特に夏など汗をかきやすいシーズンは、1分でも良いのでシャワーを浴びる時間を作るようにしてください。

 

 

「時間がなくてキツい」と思われるかもしれませんが、

普段よりも数分早く起きるだけでも可能ですし、”気持ちの良い朝を迎えることができる”のでおすすめですよ。

 

 

汗はすぐに拭き取る

汗は放置しておくと菌が増殖してしまい臭いが強くなってしまうので、出た汗はできるだけ早く細めに拭き取るようにしましょう。

 

汗を長時間放置しないためにも、ハンカチやハンドタオルを持ち歩くようにすると良いでしょう。

 

ハンカチを持ち歩く習慣は、汗の対策だけでなく公共の場などでのエチケットにも繋がります。

 

 

衣類は通気性の良いものを使用

季節にもよりますが、汗をかきやすい季節の間は通気性の良い服や靴を積極的に使う事で発汗を抑えることができます。

 

通勤や通学時は季節でインナーを統一してしまうことで、衣類を選ぶ面倒も減るのでおすすめです。

 

 

季節により洗剤を変える

夏の前後は気温が高くなるので汗をかきやすく、どうしても衣類につく汗が増えてしまいます。

 

結果、菌の増殖量も増え、家族で洗濯してしまうと全ての衣類に菌が付着してしまいます。

 

なので、毎シーズンでなくても良いので、夏など汗をかきやすい季節は殺菌効果の高い洗濯用洗剤を使うようにしましょう。

 

細かいことに感じるかもしれませんが、意外と洗剤を変えるだけで汗の臭いが発生しにくくなり気持ちの良い生活を送れるようになります。

 

 

臭い対策グッズで臭いをシャットアウト

臭い対策グッズ

 

普段の生活を変えていくだけでも汗臭さを抑えることはできますが、

臭い対策グッズを使うことで臭いの発生を防ぎ、さらには清潔感のある香りを纏うことができるようになります。

 

 

ナオ
ナオ

使って損はないので積極的に取り入れてみてください。

 

汗拭きシート

定番の汗対策グッズ『汗拭きシート』です。

 

汗拭きシートはコンパクトで携帯することができますし、細かく汗を拭き取るために役に立ちます。

 

脂汗はタオルだけでは臭いの発生を防ぎ切ることができないので汗拭きシートを利用すると良いでしょう。

 

ただし気をつけて欲しいのが、汗拭きシートにはボディ用とフェイス用があるということです。

 

顔の表皮は敏感なので専用のシートを使い分けて使うようにしましょう。

 

 

制汗剤

汗の臭い対策グッズで最もおすすめなのが『制汗剤です。

 

意外とご存知ない方が多いのですが、最近の制汗剤は効果が高く臭いを完全にシャットアウトしてくれるものが多いです。

 

制汗剤には、スプレー・ロールオンタイプ・クリームタイプがあります。

 

ぼく自身季節を問わず手放せないのですが、使うならスプレーではなく『ロールオンタイプ』か『クリームタイプ』です。

 

直接”臭いの元を防いでくれる”ので効果が高く、1度塗れば1日中持つものもあります。

 

ぼくがおすすめする制汗剤は『デオシーク』です。

 

コンパクトで制汗剤と思われないようなオシャレな見た目なので持ち歩きやすく、殺菌効果が高く一度つけたら全然臭いが気にならなくなります。

 

男性用だけでなく女性用もあるみたいなので、気になった方はご覧になってみてください。

 

【公式ページ】デオシーククリーム男性用

【公式ページ】デオシーククリーム女性用

 

 

汗の性質変化にも注意

汗の臭いを物理的に防ぐ方法を紹介してきましたが、体内から改善することで出る汗の性質を変えていく事もできます。

 

反対に言えば、汗は食生活の乱れで臭くなるという事です。

 

食生活の改善に関しては『誰でもできる【食生活の改善】体に優しくできるご飯の食べ方』で紹介しているので、体内からも改善したい方はご覧になってみてください。

 

 

汗の臭い対策まとめ

汗の臭い対策まとめ

 

何度も言うようですが、汗の臭いの改善は、エチケットであり、清潔感のバロメーターであり、対人関係にまで関わってきます。

 

現在少しでも気になっているのであれば少しずつでも改善する事で周囲の環境が変わってくるはずです。

 

むしろ臭いなど『エチケットの対策』はデキる人ほど気をつけている点でもあります。

 

反対に言えば、対策ができていればデキる人と思われることにも繋がります。

 

この記事の内容を簡単にまとめておくので、おさらいとして再度確認しておいてください。

 

【汗の種類】

  • 体温調整による発汗(放置で臭くなる)
  • ストレスなどに精神的要因による発汗(既に臭いがある)

 

【日常生活での臭い対策】

  • 夜と朝2回シャワーで体を綺麗にする
  • 汗はすぐに拭き取る
  • 通気性の良い衣類を使用
  • 季節で洗剤を変えてみる

 

【臭い対策グッズ】

  • 汗拭きシート
  • 制汗剤(おすすめは直塗りタイプ)

 

【おすすめの制汗剤】

 

 

タイトルとURLをコピーしました