モチベーションをアップさせる【明確な5つの方法】

モチベーションをアップさせる 5つの方法ジブンミガキ
ナオ
ナオ

どうもこんにちは、自分ミガキ情報を発信しているナオです。

 

みんなが求めて止まないもの。

 

それは”モチベーション”です。

 

ナオ
ナオ

何をするにもモチベーションをアップさせたり維持できないと、どうしても続かないですし本気になれませんよね…。

 

 

特に大して本気になれない事だったり、少し憂鬱な仕事だったりするとなかなか行動に移せなくなります。

それはダイエットにも勉強にも共通する話ですね。

 

 

栄養ドリンクを飲んでも、自己啓発本を読んでも簡単にモチベーションをアップさせることは出来ません。

 

モチベーションの源は誰しも違うので、なかなか『モチベーションをアップさせる適切な方法』というものがないのです。

 

 

ではどのようにしてモチベーションをアップさせるか。

 

それはモチベーションが下がる理由を明確にし、モチベーションをアップさせる方法に変換していくことです。

 

 

この記事で手に入る情報

  • モチベーションが下がる5つの理由
  • モチベーションをアップさせる5つの方法
  • モチベーションをアップさせずに継続する方法

 

 

スポンサーリンク

モチベーションが下がる5つの理由

モチベーションが下がる5つの理由

 

ナオ
ナオ

モチベーションが上がらない理由について考えたことはありますか?

 

大体は、

なぜか今日モチベーション上がらないな…。

で済ませてしまっているのではないでしょうか。

 

「モチベーションは全て気分によって変わる」と思われがちなのですが、実は明確にすることでモチベーションが上がらない理由が見えてきます。

 

 

ナオ
ナオ

これから【モチベーションが下がる5つの理由】について紹介していくので、普段の自分と見比べてみてください。

 

 

はじめから頑張りすぎる

頑張りすぎている

 

はじめに頑張りすぎるとどうしてもモチベーションは右肩下がりになってしまいます。

 

原因は何事もはじめてみないと分からないのにも関わらず自分の実力以上の力を出そうとしてしまうからです。

 

すぐに結果が出ればいいのですが、大体そんなに上手くはいきません。

 

後からいくらでも挽回できるので、はじめは様子を見ながら進むことで自分の力量に合わせて順応させていく事ができます。

 

 

認められていると感じない

認められていると感じない

 

人は適度に認められないと、やり甲斐を感じる事ができなくなりモチベーションが低下してしまいます。

 

これは誰しも味わった事があるのではないでしょうか。

 

自分の為にはじめたにも関わらず、自然と誰かから褒められること・認められることを期待してしまっているのです。

 

「何の為に始めたのか」

 

いつでも原点に戻ることは大切なことです。

 

 

成果を感じる事ができない

成果を感じることができない

 

認められない理由と似ていますが、勉強でもダイエットでも仕事でも、少しでも成果が見えないと、

「なぜできないのだろう…。」

「自分はダメなのだ…。」

とモチベーションはあからさまに低下していきます。

 

成果とは人にとって”一番のやり甲斐”と言えるのではないでしょうか。

 

何の為に努力するのか、何の為に成長したいのかを理解した上で目に見える成果を自分に与えてやる工夫が必要になってきます。

 

 

誰かと比較している

誰かと比較している

 

人はいつの間にか誰かと比較しています。

これは意識していないと避けようもないことで、無意識に他人と比べている事が多いです。

 

競争意識を持つことは少なからず必要だとは思いますが、誰かと比べても基本的にいいことはありません。

 

それは他人よりも自分が劣っているということではなく、人は誰しも秀でている所が違うからです。

 

他人にあって自分にないものがあるように、自分にあって他人にないものもあるはずです。

 

他人と比べてモチベーションが落ちてしまうということは自分の力量をある程度把握できているということです。

 

他人の優秀さを認めつつ、自分に足りないものを吸収していくことで誰にも負けない力をつけていく事ができます。

 

比較は決して悪いことではないですが、他人は他人、自分は自分として客観的に見比べてみることで毎回落ち込むこともなくなります。

 

 

明確な未来が見えない

明確な未来が見えない

 

明確な未来が見えていないとマンネリ化しやすいです。

 

『明確な未来が見えない』とは、目標に対しての評価がなかったり、成果は出ているけど目標がない状態のことです。

 

もしかするとはじめは目標があったけど、途中から何の為にやっているのか分からなくなり目標を見失っている可能性もあります。

 

明確な未来は人のモチベーションを左右する大きな要因の1つです。

 

なので目標は適度に再確認していく必要があります。

 

以下の質問にどれだけ答える事ができますか?

  • 何の為に始めたのか?
  • 目標を持って進めているのか?
  • 目標までどれだけ進んだのか?
  • 目標を達成するまでに何が足りないのか?
  • 他にも目標にできることはないのか?

 

これら全てに答えることは難しいかもしれませんが、少しでも答えを増やしていくことで明確な目標を見つけることができます。

 

目標さえ見つかればそれだけでもモチベーションをアップさせる事に繋がります。

 

 

ナオ
ナオ

それでは次に【モチベーションをアップさせる5つの方法】について紹介していきます。

 

 

モチベーションをアップさせる5つの方法

モチベーションをアップさせる5つの方法

 

ここまで【モチベーションが下がる5つの理由】について話してきましたが、

全てを明確に捉えることができていれば、モチベーションをアップまたは維持させることはそこまで難しい話ではないでしょう。

 

 

ナオ
ナオ

ですがそこまで簡単な話でもないですよね…。

なのでここからはモチベーションをアップさせる方法として詳しく紹介していきます。

 

 

想像よりも50%力を抜く

想像の50%でする

 

結果を求めすぎるとどうしても体に力が入り過ぎてしまいます。

すぐに結果が出るのであればスタートダッシュしてもいいのですが、ほとんどの場合は時間を必要としますよね。

 

力まないコツとしては「結果はすぐ出ないもの」と割り切って長い目で見ることです。

 

例えば、

会社に就職してすぐに「成果を出してやろう」と頑張りすぎるとします。誰しもすぐには結果を出すことは難しいので、1年や2年では思うように成果が出ず、疲れてしまいモチベーションは下がってしまいます。

その結果、就職して3年を待たずに仕事をやめてしまいます。

 

内容にもよりますが初めは予想よりも50%の力だけ出しておけば問題ないと思います。

 

後は状況を見て力のかけ具合を変えていけばいいです。

 

人により50%の度合いは違うではないか!

そう思われるかもしれませんが、

ここで重要なのは力の大きさではなく”力をかけすぎないことで自分と周りの状況を見る事ができる”ことにあります。

 

はじめから実力以上に頑張ろうとしたところで長続きはしません。

 

それは仕事だけでなくダイエットにも勉強にも恋愛にも通じるものがあります。

 

 

ナオ
ナオ

力量は後からでもついてくるものなので空回りする前に一度冷静に周りを見てみてもいいかもしれませんね。

 

 

何の為に始めたのか考えてみる

何の為に始めたのか考えてみる

 

人には承認欲求というものがあるので、ある程度努力すれば誰かに認められたくなる傾向にあります。

 

それはぼくにも言えることですし、誰しも抱える問題であると思います。

ですがそこで思い返して欲しいのが『何の為に始めたのか』です。

 

どんなことにモチベーションが欲しいとしても、始めるには何かしら理由があったと思います。

 

【仕事】で言うなら、

  • お金
  • 理想の仕事内容
  • キャリアアップの足がけ

 

【ダイエット】で言うなら、

  • モテたい
  • 痩せたい
  • 変わりたい

 

【勉強】で言うなら、

  • 理想の就職先に勤めたい
  • 欲しい資格がある
  • 自分の実力を知りたい

 

ナオ
ナオ

最終的には認められることに繋がりますが、

「何の為に始めたのか?」という原点に戻ることでやるべき事を再確認できるはずです。

 

 

 

小さな成功を繰り返す

小さな成功を繰り返す

 

成果を得ることが難しかったり成功するまでの道のりが遠すぎるとどうしてもモチベーションは下がりがちです。

 

それは日々努力の繰り返しで何の為に頑張っているのか目的を失ってしまうからです。

 

 

ではどうするのかと言いますと、

大きい成果が出るまでの間、または成功までの道筋に”小さい成功”を設けてやるという方法です。

 

小さな成功とは達成感を得ることができる仕組みを日々取り入れることです。

『達成感を得る仕組み』と言っても難しい話ではありません。

 

 

【仕事】で例えるなら、

  • 毎日仕事のタスクを決める
  • 仕事の進捗に応じてご褒美を用意する
  • 1日1つ仕事の改善をしてみる
  • できる限り目に見える成果を増やしていく

 

タスクがない状態で仕事をすれば1日1日をこなすだけでも精神的にキツくなってきます。

 

可能な限り1日のタスクは明確にし、達成感を得ることができる環境を準備することでモチベーションをアップまたは維持させることができます。

 

 

【ダイエット】で例えるなら、

  • 数日又は1週間の減量目標を決める
  • 数日おき又は1週間おきに走る距離を伸ばしてみる
  • ダイエットアプリなどでデータを管理し結果を可視化する

 

『ご褒美に週末贅沢をする』という達成感を作ってもいいのですが、ほとんどの場合「なぜこんなに頑張っているのだろう」と目的を見失い逆効果になりかねないのでなるべくは避けた方がいいです。

 

ダイエットは方法次第で自分が成長している結果を可視化することができるので、少しでも成長できるような工夫をしてみると効果的です。

 

 

【勉強】で例えるなら、

  • 日々の勉強時間を決める
  • 定期的に教材を使用しテストをする
  • インプットした事をできる限りアウトプットする

 

勉強は特に可視化するのが難しいですね。

なのでなるべく勉強した範囲は早めにテストしたりアウトプットする事で成果を出すことをおすすめします。

 

アウトプットとは英語でいえばスピーキング、プログラミングでいえば実際にコーディングすることです。

 

 

ナオ
ナオ

自分がどこまでできるか確認できるだけでなく、

勉強内容を記憶に定着させる為にもインプット(勉強)したらアウトプットすることを心がけましょう。

 

 

 

相手は自分と同じ列に並んでいない

同じ列に並んでいない

 

基本的に相手と比較することは精神的に良い影響を与えません。

人は無意識に他人と比較してしまうので、意識して比較しないようにすることが求められます。

 

意識するポイントは相手と自分は同じ列に並んでいないと知ることです。

 

誰しも同じ人間だから、同じクラスだから、同じ職場だから、と近くにいるもの全て同じ列に並んでいるのだと思いがちです。

 

なので「自分の方が優秀だ」「相手の方が優秀だ」と相手を意識してしまうのです。

 

人生において、自分の能力が低かろうが、相手の方が優秀であろうが関係ないのです。

 

自分の道には自分しか歩いていないですし、他人は他人の道を歩いています。

 

助け合うならまだしも、わざわざ意識して自分のモチベーションを消耗する必要がないのです。

 

 

ナオ
ナオ

もしかすると比較している認識がないかもしれないので例えを出してみますね。

 

 

仕事で例えるなら、

  • 同期の人が出世していくのが気になる
  • 同期と給料の誤差が少しでもあると気になる
  • 仕事のスピードが後輩よりも遅い

 

ダイエットで例えるなら、

  • ダイエットを一緒に始めた人の方が痩せるのが早い
  • 同じ量を食べているのに相手は太らない

 

勉強で例えるなら、

  • 始めて間もないの相手は理解するのが早い
  • 自分の方が勉強容量が悪い
  • 自分の方が記憶力が悪い

 

 

同期や一緒に始めた人と比較してしまう気持ちはわかるのですが、焦ってモチベーションが下がってしまっては次に繋がるものがありません。

 

 

ナオ
ナオ

反対に比較してモチベーションが下がって、全てが疎かになってしまうと余計に差はつくばかりですよね。

 

 

人には向き不向きがあるので、相手が活躍できる場があるように自分にも活躍できる場がどこかにあります。

 

むしろ冷静に比較することができるのであれば、足りない部分を補完することができるかもしれません。

 

 

ナオ
ナオ

あくまでも相手は相手、自分は自分と認識することで精神をすり減らすこともなくモチベーションを維持することができます。

 

 

目の前にあるくらいの明確さ

逃げない明確さ

 

目の前にあるくらいの明確さとは、上述したように以下の質問に答えられるぐらい”目標を明確化”させることです。

 

  • 何の為に始めたのか?
  • 目標を持って進めているのか?
  • 目標までどれだけ進んだのか?
  • 目標を達成するまでに何が足りないのか?
  • 他にも目標にできることはないのか?

 

別に現在目標が明確でなくても問題ありません。

これから明確にすることでモチベーションをアップさせることに繋がります。

 

仕事で例えを出してみると、

 

ナオ
ナオ

今の仕事は何の為に始めたの?

純粋にやってみたかった仕事だから

ナオ
ナオ

じゃあ目標を持って進めているの?

現在は出来ていないが〇〇の技術を覚え会社に貢献したい。

ナオ
ナオ

目標までどれだけ進んでるの?

現段階では網羅的に理解できているが、まだ応用できるレベルではないかな。

ナオ
ナオ

目標を達成するまでに何が足りないの?

応用力と経験値だね。

ナオ
ナオ

他にも目標にできることはあるの?

次は〇〇を学びたいと思っているよ。

このような感じで目標までを出してみるといいです。

 

「今はないかな…。」と思っていたとしても、改めて考え直してみると案外目標は見つかるものです。

 

 

ナオ
ナオ

目標と目指す指針を持つことで向上心が増し、モチベーションをアップすることができますよ。

 

 

モチベーションをアップさせずに継続させる方法

モチベーションを上げずに継続させる方法

 

もしかするとここまで考えてきたけど、モチベーションをアップすることも維持することもできない場合があるかもしれません。

 

それならばモチベーションをアップさせるよりも『習慣化』を進めた方がいいかもしれません。

 

習慣化することで、ストレスを軽減することができ継続する手助けとなるはずです。

 

習慣化にはコツがあり「やれ」と言われてもできるものではありません。

 

習慣化に関しては習慣づける3つの方法【勉強・トレーニング・禁煙】全ての共通点で詳しく解説しています。

 

もしも、

モチベーションをどうすることもできない。

 

という方は参考にしてみてください。

 

 

モチベーションをアップさせる5つの方法まとめ

モチベーションをアップさせる方法まとめ

 

それではこの記事の内容をおさらいも含めて簡潔にまとめておきます。

 

【モチベーションが下がる5つの理由】

  1. はじめから頑張りすぎる
  2. 認められていると感じない
  3. 成果を感じることができない
  4. 誰かと比較している
  5. 明確な未来が見えない

 

【モチベーションをアップさせる5つの方法】

  1. 想像よりも50%力を抜く
  2. 何の為に始めたのか考えてみる
  3. 小さな成功を繰り返す
  4. 相手は自分と同じ列に並んでいない
  5. 逃げない明確さが大切

 

【モチベーションをアップできなければ】

  • 習慣化することもで少ないストレスで継続することができる

 

 

ナオ
ナオ

モチベーションを維持することも大切ですが、嫌いな仕事であればどうしても続けることが困難な場合もありますね。

 

世の中会社はいくらでもあります。

どうしても耐えられない場合は転職もありですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました