基礎代謝が【簡単に測れる】体重計の仕組み「高精度で測れるの?」

基礎代謝が【簡単に測れる】体重計の仕組み「高精度で測れるの?」ダイエット
ナオ
ナオ

どうもこんにちは、自分ミガキ情報を発信しているナオです。

 

今回は、基礎代謝を測ることができる体重計について紹介していきます。

 

基礎代謝を測れる体重計のことを体組成計たいそせいけいと呼びます。

体組成計は乗るだけで基礎代謝を測る事ができるのですが、基礎代謝とは内臓や筋肉の動きで消費されるエネルギーなので、なぜ体重計に乗るだけで測れるのか不思議ですよね。

 

当記事では、体組成計の仕組み・特徴・測り方・おすすめの使い方・おすすめの体組成計について紹介していきます。

 

この記事で手に入る情報

  • 体組成計の仕組み・特徴
  • 体組成計の測り方・おすすめの使い方
  • おすすめの体組成計

 

 

スポンサーリンク

体組成計で測ることができるもの

体組成計の仕組み

基礎代謝を測る事ができる体組成計ですが、体重と基礎代謝だけが測れるだではありません

体組成計の仕組みを知る前に、まずは体組成について解説していきます。

 

体組成とは『からだ』

一般的な体組成計では、

  • 体重
  • 基礎代謝量
  • 体脂肪率
  • 内臓脂肪レベル
  • BMI
  • 体水分率
  • 推定骨量
  • 筋肉量
  • 体内年齢

これらを測る事ができます。

 

意外と測れる種類が多いですよね。

体組成計では健康維持するために必要な情報を知る事ができす。

 

つまり体組成とは体の作りそのもののことを指すのです。

 

 

ナオ
ナオ

体組成計では体が何でできているかを測り、数値として出しているのです。

 

 

基礎代謝を測る仕組み

体組成計

出典:healthcare.omron.co.jp

基礎代謝は健康のみならずダイエットには欠かせない要素なので、いい加減なものは使いたくないですし、実際どのように数値を導き出しているのか理解できないと信用できませんね。

 

ナオ
ナオ

体組成計では体の作りを一体どのようにして測っているのでしょうか。

 

基礎代謝を測る事ができる体組成計の仕組み

体組成計の仕組み

体組成計では、測定時に足元から微弱な電流を流し抵抗値を測定する事であらゆる数値を導き出しています。

 

〜生体インピーダンス法(せいたいインピーダンスほう)あるいは生体電気インピーダンス法(英: Bioelectrical impedance analysis, BIA)とは、体内に微弱な電流を流し、その電気的インピーダンスを利用して水分量や体脂肪、筋肉量を間接的に求める方法である。主に家庭用の安価な体脂肪計から、フィットネスクラブや医療施設等の業務用の体組成計がこの原理を利用している。〜

生体インピーダンス法|ウィキペディア

 

脂肪は電気を通しにくく、体内の水分や筋肉は電気を通しやすい特性を持っています。

つまり、体組成計ではこの特性を活かし脂肪とそれ以外の組織との割合を算出しているのです。

 

基礎代謝量は内臓の活動や筋肉量で変わってくるので、ここで算出された情報を元に割り出されているという事です。

 

体組成計はどこまで正確なのか

体組成計はどこまで正確なのか

身長が高いけど体重の軽い人や、身長は低いけど体重の重い人がいるように、人により体型が異なるので個人差があるはず。

 

ナオ
ナオ

ではどこまで正確な数値を出せているのか気になるところですね。

 

体組成計の測り方

体組成計は測る前にいくつか情報を入力します。

 

初期登録みたいなもので、数人登録することが可能で、体組成計により登録可能人数は異なります。

 

【入力する内容】

  1. 性別
  2. 身長
  3. 年齢

はじめにこれらの情報を入力し、後は体組成計に乗るだけです。

 

それでも個人差があるはずだけど本当にこれだけでいいの?

と思われるかもしれませんね。

 

体組成計は様々な会社が出しており、実は会社により割り出される数値に多少の誤差があります。

理由としては、会社により持っている情報量が違うからです。

 

ここでいう情報量とは、

  • 身長
  • 体重
  • 性別
  • 年齢
  • 抵抗値

これらのことですが、年齢が違うだけでも基礎代謝量は異なりますし、性別が違うだけでも身長に対する体重の差が出てきます。

 

その為、あらゆる個人差にも対応できるように、性別ごと・体型ごとの膨大な統計データが必要になってきます。

 

つまり、体組成計は上記5つのデータと統計データによって細かい数値を割り出しているのですが、この『統計データの量』に差があるから多少の誤差が出てしまうのです。

 

体組成計はデータが大切

 

ナオ
ナオ

なので、体組成計はよりたくさんの統計データを持っている知名度の高い会社を選んだ方がいいと言えますね。

 

そのほか体組成計の特徴

基礎代謝測れる体重計の特徴

もしかすると体組成計を出先に持ち歩きたい方もいるかと思います。

ここでは、体組成計のサイズや重さなど基本的な情報について紹介していきます。

 

【紹介している情報】

  • 重さ
  • サイズ
  • スマホ連携

 

体組成計の平均サイズ

約285mm
高さ28~30mm
奥行き約280mm
重さ1.5~2.0kg
最大計量135~180kg
測定可能年齢6歳〜
計測時間5~10秒

 

重さは平均1.5〜2.0kgとギリギリ持ち歩けるレベルです。

もしも海外の長期滞在などであれば持っていくのもアリですね。

 

機器により、身長・年齢・性別など登録人数に差があるので、購入される前に確認してみてください。
ただし『ゲスト機能』付きの物もあるので毎回入力するのが面倒でなければ気にしなくてもいいかもしれません。

 

体組成計の種類は2つ

体組成計には2種類あります。

 

1つは以下のような一般的な体重計タイプです。

体組成計

出典:healthcare.omron.co.jp

 

そしてもう1つは両手からも微弱電流を流し抵抗値を測るタイプです。

体組成計

出典:healthcare.omron.co.jp

両手両足から抵抗値を測定するので、より詳細なデータを導き出す事ができるようになっています。

 

毎回手で持つのが面倒な方には向いていないですが、細かいデータで管理したい方におすすめです。

 

体組成計はスマホ連動できるものもある

スマホ連動

体組成計の多くはスマホと連動させる事ができます。

 

連動するのは体組成計専用のアプリで、測った後に自動で測定データをスマホに送信してくれるので日々の変動をいつでも簡単に確認できます。

接続方法はBluetoothなのでネット環境は必要なく手間いらずです。

 

体組成計によってはiPhoneの健康管理アプリ『ヘルスケア』とも連動できるので、上手く取り入れる事で管理をさらに簡単にできます。

 

体組成計で代表的な会社とおすすめモデル

体組成計を出している代表的な会社は、

タニタ(TANITA)オムロン(OMRON)です。

 

探すのが面倒な方のために、これ買っておけば間違いないタニタとオムロンの人気モデルを紹介しておきます。

 

タニタで人気の一般型体組成計

 

タニタで人気の高精度体組成計

 

 

オムロンで人気の一般型体組成計

 

オムロンで人気の高精度体組成計

 

その他にも体組成計を出している会社はあるので好みに合わせて選んでみてください。

 

合わせて読みたい

家ダイエットで効果的な方法【スキマ時間だけでも】家から出たくない人向け

 

 

基礎代謝が測れる体重計の仕組みまとめ

基礎代謝が測れる体重計のまとめ

基礎代謝量を簡単に測れる体組成計について紹介してきました。

 

ナオ
ナオ

当記事の内容をおさらいも兼ねて簡潔にまとめておきます。

 

【基礎代謝量を測ることができる理由】

  • 微弱な電流で脂肪の抵抗値を出している
  • 統計データにより細かい数値を出せている

 

【その他計測可能なデータ】

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 内臓脂肪レベル
  • BMI
  • 体水分率
  • 推定骨量
  • 筋肉量
  • 体内年齢

 

【体組成計の特徴】

  • 物にもよるが比較的軽い
  • 種類は通常と詳細タイプの2つ
  • スマホ連動できる

 

【体組成計を作っている代表的な会社】

  • タニタ(TANITA)
  • オムロン(OMRON)

 

 

ナオ
ナオ

簡単・早く・高精度に基礎代謝量からBMI値なども測れるのでダイエットや健康管理におすすめです。

 

関連記事

自宅ダイエットにおすすめのオンラインフィットネス6選【在宅太りや運動不足に】

 

タイトルとURLをコピーしました